ペット保険とは?

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、ケガなど病気で手術が必要になった場合高額な治療費がかかり100%自己負担となります。
ペット保険とは大切なペットが病気やケガで診療などを受けた際にかかった費用を限度額や一定割合の範囲で補償する保険です。

元々ペット保険とはイギリスで始まり、ヨーロッパ、アメリカと普及が進みました。
日本でもインターネットの普及が進み、ペット保険の申込もネットから受付できるようになり加入者は増えています。

犬や猫など、室内飼育が一般化するに伴い、定例診察の他にも、
ソファから降りたり、フローリングで滑ったりなど、突発的なケガなどで動物病院へ行く方は増加の傾向にあります。

突発的なケガの他にも、以前と習慣が変わり生活習慣からの病気などで、手術が必要になる場合もあります。

手術も様々ですが、医療機器の発達や技術の発達により平均でも約15万円ほどの手術費がかかります。万が一に備えて、大切なペットやご自身に合う保険やプランをよく考え選ぶようにしましょう。


▲ページトップ

ペット保険を比較する